• OFF
  • ON
シークレットモード
米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難

米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難

作者: マーティン・ファクラー

価格 880(税込)
獲得dポイント 8 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

知日家米国人がタブー抜きに語る
日本人が気づかない新時代の病巣
東京新聞記者・望月衣塑子氏推薦!

「失われた30年」ばかりか、移民国家化、一強政治、米中新冷戦といった新たな難題・課題が待ち受ける日本。
メディアはその国を現す鏡であり、そのあり方がそのまま国の状況を示す。
日本滞在歴20年の著者が絶えず言い続けているのが、
権力からの圧力に屈する日本のメディアという不思議な存在だ。
「本当のこと」が伝えられない構造は、新時代に持ち越される諸問題の根源に潜んでいる。
元ニューヨーク・タイムズ東京支局長がタブー抜きで大問題に迫り、ポスト平成への提言までも行う。 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 SB新書
シリーズ
電子版発売日 2019/04/05
紙の本発売日 2019/04/05 ( 2010年代 )
ページ数: P192
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難のレビュー

3.3
評価数 : 3
5
0
0件
4
1
3
2
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

SB新書の関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間