• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら 進撃の巨人最終34巻配信記念まとめ買いキャンペーン 6/23まで
平手友梨奈×長濱ねる ~てちねる~

平手友梨奈×長濱ねる ~てちねる~

作者: 登坂彰

価格 1,430(税込)
獲得ぷららポイント 14 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

欅坂46ツートップ――絶対的センター・平手友梨奈、超人気メンバー・長濱ねる
“素顔”と“本音”、そして“強さ”と“弱さ”――
彼女たち自身が語った「言葉と想い」
側近スタッフ&メンバーが語る2人の「素顔」
知られざるエピソードから綴る“素のままの”平手友梨奈&長濱ねる

『「欅坂46は、てちとねるの“陰と陽”、“裏と表”――すべてにおいて正反対の存在がトップにいることが、何よりも乃木坂46との差別化を図っています。(中略)12月10日に欅坂2期生とけやき坂3期生のお見立て会がありましたが、新戦力にどれほどの逸材が揃おうと、この2トップ体制は変わらないでしょう」
――そんな平手友梨奈、そして長濱ねるの“今”をお届けするのが本書の使命。
普段、彼女たちを取り巻くメディア関係者の固く重い口を割り、拾い集めて来たそれぞれのエピソード、対メンバーとのエピソードを、存分にお楽しみ頂ければ幸いだ。』<プロローグより>

【主な収録エピソード】
<平手友梨奈>
・平手とメンバーとの間にある“強い絆”
・“平手休演”がもたらしたメンバーの“意識改革”
・平手の言葉に込められた“メンバーのモチベーション”
・平手を苦しませる“カリスマ性”
・平手にとっての“キャプテン菅井友香”の存在感
・『欅共和国2018』を“復帰ライブ”に選んだ理由
★平手友梨奈フレーズ集

<長濱ねる>
・“兼任から専任へ”――ねるの成長を促した漢字とひらがな兼任
・“個性って何?”――ねるの自問自答
・写真集『ここから』に詰まっている、ねるの“郷土愛”
・“乃木坂超え”を狙う、ねるの意気込み
・ねるが感じている欅坂メンバーへの“絶対的な信頼感”
・守屋茜が刺激を受けた“ねるとひらがなけやき”の関係性
★長濱ねるフレーズ集+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/03/15
紙の本発売日 2019/01/23 ( 2010年代 )
ページ数: P189
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 5話配信

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

エンタメ・サブカルチャーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間