• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
磁気刺激療法で薬が効かないうつ病が治った

磁気刺激療法で薬が効かないうつ病が治った

作者: 渡部芳徳

価格 1,760(税込)
獲得ぷららポイント 17 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。

磁気刺激療法(rTMS)をわかりやすく正しく解説。
薬が効かない、なかなか治らない、治療抵抗性、難治性うつ病の最新治療。

磁気刺激療法をわかりやすく、正しく解説しています。

磁気刺激療法はTMSやrTMSとも呼ばれる最新のうつ病治療法。
薬が効かない、なかなか治らない、
そんな治療抵抗性うつ病、難治性うつ病の患者に最適な治療法です。

《本書の主な内容》
★マンガ・離職を迫られていた薬の効かない重度のうつ病が
〈磁気刺激療法〉で克服できた

★最新治療〈磁気刺激療法rTMS〉はなぜ効果を発揮するのか、どのような治療法なのか
(反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)とは
/rTMSのメカニズムと有用性
/rTMSの安全性と注意点
/rTMSによるうつ病治療の進め方
/rTMSの今後の課題)

★磁気刺激療法でうつ病を克服した症例報告
(10年以上苦しんだうつ状態が、rTMS療法30回で完治。無事復職へ
/思春期に始まったうつ状態が劇的に改善! )

★うつ病を理解するためにこれだけは知っておきたいこと

★rTMSの効果もセルフチェックできる「アン‐サポ」

渡部 芳徳(わたなべよしのり):医学博士・精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医 東邦大学客員教授 1963年東京生まれ。
山梨医科大学医学部(現山梨大学医学部)卒業。
福島県立医科大学附属病院神経精神科に入局後、アメリカのデューク大学医学部神経科学研究センターに留学。
てんかんモデルであるキンドリングを研究。帰国後、博士号を取得し、精神科医療を専門に診療・研究を行う。
現在は、医療法人社団慈泉会の理事長として、南湖こころのクリニック、介護老人保健施設ひもろぎの園、市ヶ谷ひもろぎクリニック、ほづみクリニックなどを運営。
著書に『薬を減らせばうつ病は治る』『うつ病・新型うつ病の人との接し方を間違えない本』『あがり症のあなたは〈社交不安障害〉という病気。でも治せます! 』(主婦の友インフォス)などがある。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/03/01
紙の本発売日 2019/02/22 ( 2010年代 )
ページ数: P176
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間