• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
誰にも死ぬという任務がある

誰にも死ぬという任務がある

作者: 曽野綾子

価格 682(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

誰にも平等に訪れる「死」について書かれた含蓄深いエッセイ。
貴賎、男女、善人、悪人、そして老若を超えて「死」は訪れる。
事故や突然死といった、前もって知ることのできない「死」はともかく、人は病気や老齢になることで徐々に死に向かうことを自覚していく。
そのとき「死」をどうとらえるか。
キリスト教者として神の存在を信じ、神への感謝の日々を持ち、世界各地で人だけではなく動物や植物の「死」を目の当たりにしてきた著者ではならでの生死感は、読む者の心をうつ。
死に向かう心構えを綴る名エッセイ集である。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2019/03/01
紙の本発売日 2014/04/01 ( 2010年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 2月LINEPay特典クーポン 2/28まで

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間