• OFF
  • ON
シークレットモード
これからの「労務」を考える

これからの「労務」を考える

作者: 杉中至

価格 704(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

「働き方改革」導入後も絶えない労務トラブル……
本当に見直すべき根本的な問題とは?

労務のプロが教える真の働き方改革
労働に関する基礎的な知識から労使トラブル回避術まで徹底解説

近年、長時間労働や雇用形態に関する処遇の格差など、日本企業における労働環境が問題視されています。
ひと昔前までは残業は当たり前、プライベート時間も会社に捧げる「滅私奉公」タイプの働き方が善とされ、人々はその「常識」に従っていました。
しかし今では「働き方改革」と言われているとおり日本全体で労働環境が見直され始めています。
ただ、労務問題そのものは完全に解消されたわけではありません。
従業員の不誠実な態度や、時間や経営者と従業員の労務トラブルに悩む経営者は少なくありません。
しかしそれらは相互理解があれば回避できます。

ではどうすれば相互理解ができるのでしょうか。
本書は約60年間労務に関わってきた著者が現代の労務事情における問題を指摘したうえで、
労働者、経営者それぞれのあるべき姿を説き、
お互いにどのように歩み寄り労使トラブルを防ぐことができるのか、利用できるさまざまな制度も交えて解説します。
働き方改革では解決できない、根本的な労務問題改善のヒントが見つかる一冊です。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 経営者新書
シリーズ
電子版発売日 2019/02/26
紙の本発売日 2019/01/25 ( 2010年代 )
ページ数: P248
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

経営者新書の関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間