• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【らぶらぶ特集】 5/13まで
グッジョブが生まれる場所 電通デザイントーク【ミニッツブック合本版】

グッジョブが生まれる場所 電通デザイントーク【ミニッツブック合本版】

作者: 大友啓史 / 嶋浩一郎 / 白土謙二 / 高崎卓馬 / 田村大 / 永井一史 / 並河進 / 樋口景一 / 福島治

価格 880(税込)
獲得ぷららポイント 8 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

常識も非常識も問い直す。電通社内で行われてきたクローズドなセミナーをオープンにした「電通デザイントーク」シリーズ全5巻を1冊にまとめた合本版。

「広告会社からのイノベーションって何?」田村大×白土謙二
・アイデアとは作り方を作ること
・理解する、想像する、実現する
・リサーチは調査ではない
・スケールアップからスケールアウトへ
・おばちゃんと小学5年生の子供と自分の3つの視点
・イノベーションを突き詰めると信念しかない
・ビジネスではなく、エコシステムを考える

「物語と格闘せよ!」大友啓史×高崎卓馬
・原作に誠実であること
・わがままで主体的な人のほうが面白い
・追体験したくなるフィクション
・震災で変わったリアリティ
・世界に通用するエンターテインメントとは

「ソーシャルデザインの広め方」永井一史×福島治×並河進
・ブランディングからソーシャルデザインへ
・社会を良くするために広告会社ができること
・まずは小さなことからアクションを
・個人の動機をソーシャルグッドにどう繋げるか

「今ここにある問題を解決するために 僕らはアイデアで越えていく」嶋浩一郎×樋口景一
・書店員さんたちの不満から生まれた「本屋大賞」
・目的達成のために有効な【肩書】を使えばよい
・プロフェッショナル化? 管理職か?
・ジャスト・アイデアでは問題は解決しない
・「大義」があれば人は動く
・日本は今、問題がたくさんあることが資産

ほか。就活、起業、イノベーション、マーケティング、デザイン、プロモーション、広告、のコアアイデアとは?
+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 カドカワ・ミニッツブック
シリーズ 電通デザイントーク合本版 関連シリーズ > グッジョブが生まれる場所 電通デザイントーク【ミニッツブック合本版】
電子版発売日 2018/10/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • GW Superクーポン!50%OFF
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 3話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

カドカワ・ミニッツブックの関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間