• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【えちえち特集】 5/20まで
角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権

角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権

作者: 長尾真

価格 2,200(税込)
獲得ぷららポイント 22 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

電子化による集積がすすむ人類の知は、新たな創造を刺激する開かれた情報資産となりうるのか? 図書館、出版、電子メディア、そして著作権制度の視点から、情報共有と知的生産の行方を問う。
■執筆者情報
《第一部 知の共有と著作者の権利》
序章 知識・情報の活用と著作権
 長尾真(元京都大学総長、前国立国会図書館館長、京都大学名誉教授)
第1章 インターネット時代の著作権制度
 中山信弘(明治大学特任教授、東京大学名誉教授、弁護士)
第2章 万人が著作者の時代
 名和小太郎(情報セキュリティ大学院大学セキュアシステム研究所特別研究員)
第3章 デジタルアーカイブのオープン化と著作権の新時代
 岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)
《第二部 出版と知識創造の未来》
第4章 電子書籍とは何か?
 萩野正昭(株式会社ボイジャー取締役)
第5章 情報共有時代の社会制度
 歌田明弘(大正大学表現学部教授)
第6章 ウェブと電子書籍は、作品と作者をどう変えたか
 仲俣暁生(文芸評論家、編集者)
第7章 デジタルアーカイブとは何か
 杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系教授)
第8章 メタ複製技術時代の〈世界脳〉
 遠藤薫(学習院大学法学部教授)
第9章 デジタルの衝撃と文化のサスティナビリティ
 吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長、東京大学文書館副館長)
※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 角川学芸出版全集
シリーズ 角川インターネット講座 関連シリーズ > 角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権
電子版発売日 2018/10/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 4話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

角川学芸出版全集の関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間