• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【らぶらぶ特集】 5/13まで
「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本

「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本

作者: 諸橋奈々

価格 1,320(税込)
獲得ぷららポイント 13 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

マネジャーの悩みの多くは、技術的な問題解決よりもチームマネジメントにあります。チーム内の人間関係は、納期や品質などの利益に多大な影響を及ぼし、企業成長の成否を決めることも多いのです。本書は、社内の生産性を向上させるために必要な、「部下の自発性の引き出し方」と「自分で考えることのできる人材の育成のポイント」をわかりやすく解説します!
【目次】
第1章 まず、押さえておきたいコーチングの基本の基本
 なぜ、あなたの部下は「話を聞いてもらえない」と感じてしまうのか?
 不安が強いほど関係づくりは困難。部下が話しやすい環境をつくろう など
第2章 上司を悩ませる「困った社員」「問題社員」はどうして出てくるのか
 部下が言い訳をする原因は「自己正当化」と「後悔からの逃げ」
 「あきらめ」の気持ちから、部下は上司に無言で対抗する など
第3章 上司としての意識改革と部下へのアプローチ
 「できるかできないか?」ではなく「やるかやらないか?」と問う
 「脱線」は伝え忘れの大きな原因! まず「会話の目的」を明確にする など
第4章 「問題社員」に見える部下の気持ちをどう捉え、どうアプローチしていくか
 部下が上司に伝えたい、聴いてもらいたい「本当の思い」
 部下の「思考パターン」をつかみ、想定の範疇を広げていく など
第5章 [ケース別]問題の起こる瞬間とその対処法
 「なんで私ばっかり?」と、被害者意識になってしまう部下
 自分の意見を言う際に「でも……」が多い部下 など+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 中経出版
シリーズ
電子版発売日 2018/10/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • GW Superクーポン!50%OFF
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 3話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

中経出版の関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間