• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 祝・ひかりTVブック9周年キャンペーン第一弾 60%OFFクーポン 10/29まで
絵画療法で統合失調症と戦おう!私は絵を描いて治療を進めました。10分で読めるシリーズ

絵画療法で統合失調症と戦おう!私は絵を描いて治療を進めました。10分で読めるシリーズ

作者: 内山健太 / MBビジネス研究班

価格 328(税込)
獲得ぷららポイント 3 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

私は統合失調症という病気を患っています。この病気は、百人に一人は罹患する決して珍しい病気ではありません。

現在では、治療方法も確立され、不治の病ではなく、薬を服薬すれば普通のかたと同じような生活が送れます。

しかし、一度統合失調症になると、治療は長期間になります。一カ月程度では回復しないのです。私は治療中にさまざまな経験をしました。

もちろん苦しい経験もしてきたので、この病気で苦しむかたの気持ちがよくわかります。

私は治療中、芸術療法という治療方法を知り、それを実践してきました。

その結果、回復スピードも上がり、現在では普通のかたと同じ生活が送れるくらいまで、症状は回復しました。

今回は、私が実際に体験した芸術療法の中でも、絵画療法にスポットを当て、いろいろお伝えしていきます。

絵画療法と聞くと、あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、立派な統合失調症の治療方法の一つです。

統合失調症の治療に迷ったとき、本書を参考にしてみてください。

【目次】
本書を読む前に
絵画療法って何?
絵画療法ってどこでできるの?
私が感じた絵画療法の効果
絵画療法を始める時期について
絵が上手く描けないのだけど問題ないの?
絵画療法で描いた絵はどうなるの?
まとめ


【著者紹介】
内山健太(ウチヤマケンタ)
1985年生まれ。新潟県出身。26歳のときに統合失調症を発症し、療養期間に入る。
2年間の療養を終え、28歳のときに就労移行支援A型の事業所でWEBライターになる。
現在はフリーランスのWEBライターとして、「モバイル端末機器」、「美容・健康」、「芸能系の情報サイト」の記事を執筆。
また、2018年4月よりシナリオライターの仕事を始め、活動の幅を広げている。書くことを通し社会復帰を果たし、WEBライターとして働くかたわら小説を執筆している。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 10分で読めるシリーズ 関連シリーズ > 絵画療法で統合失調症と戦おう!私は絵を描いて治療を進めました。
電子版発売日 2018/08/03
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ぷらら 周年キャンペーン第一弾 最大80,000pt還元 10/29まで
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間