• OFF
  • ON
シークレットモード
唐物の文化史 舶来品からみた日本

唐物の文化史 舶来品からみた日本

作者: 河添房江

価格 1,012(税込)
獲得ぷららポイント 10 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

正倉院の宝物、艶やかな織物や毛皮、香料、楽器、書、薬、さらには茶や茶器、珍獣まで……。この国の文化は古来、異国からの舶来品、すなわち「唐物」を受け入れ吸収することで発展してきた。各時代のキーパーソンとの関係を軸に、唐物というモノを通じて日本文化の変遷を追う、野心的な試み。【カラー口絵8頁】+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 岩波新書
シリーズ 岩波新書 関連シリーズ > 唐物の文化史 舶来品からみた日本
電子版発売日 2018/07/19
紙の本発売日 2014/03/20 ( 2010年代 )
ページ数: P258
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 3話配信

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

岩波新書の関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間