• OFF
  • ON
シークレットモード

ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」

通常価格 ¥950(税込)
ぷららポイント 9PT
作者 武田尚子
出版社 中央公論新社
電子版発売日 2018/05/11
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる

ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」の商品説明:

「こんな強烈な匂いと味なのに、お茶に入れて飲むなんて!」牛乳を飲む英国人を見た日本人の言葉である。だが明治二年、築地で牛乳が売り出され、日本人はその味に慣れていった。芥川龍之介の実家も牧場を経営し、渋沢栄一はそこから牛乳を取っていた。大正期には牛乳を加工したキャラメルが大流行した。関東大震災で緊急配布が行われ、敗戦後に児童の栄養を案ずる人々により学校給食への導入が進む。飲み物が語る近代史。

レーベル名 中公新書
掲載誌名
紙の本発売日 2017/06/25
ページ数: P288
ISBN番号 9784121024381
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ミルクと日本人 近代社会の「元気の源」へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ