• OFF
  • ON
シークレットモード

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った

通常価格 ¥1512(税込)
ぷららポイント 15PT
作者 宇都宮直子
出版社 中央公論新社
電子版発売日 2018/04/27
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言ったの商品説明:

稀代の俳優との20年の交流を綴る。世間を騒がせた太地喜和子との大恋愛をはじめとする、独特の恋愛観、役作りのために歯まで抜く芝居への情熱、ごくわずかの限られた知人にしか見せなかった死去直前の病室の様子まで。知られざる素顔を描く。『婦人公論』連載の書籍化。

レーベル名 単行本
掲載誌名
紙の本発売日 2013/10/25
ページ数: P240
ISBN番号 9784120045547
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言ったへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ