• OFF
  • ON
シークレットモード
別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った

作者: 宇都宮直子

価格 1,540(税込)
獲得ぷららポイント 15 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

稀代の俳優との20年の交流を綴る。世間を騒がせた太地喜和子との大恋愛をはじめとする、独特の恋愛観、役作りのために歯まで抜く芝居への情熱、ごくわずかの限られた知人にしか見せなかった死去直前の病室の様子まで。知られざる素顔を描く。『婦人公論』連載の書籍化。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 単行本
シリーズ
電子版発売日 2018/04/27
紙の本発売日 2013/10/25 ( 2010年代 )
ページ数: P240
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言ったのレビュー

2.0
評価数 : 1
5
0
0件
4
0
0件
3
0
0件
2
1
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

単行本の関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間