• OFF
  • ON
シークレットモード
鉄道写真が語る昭和2

鉄道写真が語る昭和2

作者: 旅と鉄道編集部

価格 1,296(税込)
獲得ぷららポイント 12 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

大好評だった「鉄道写真が語る昭和」の第2弾。
“鉄道が元気だった時代"、駅は単なる列車に乗り降りするための場所でなく、列車は単なる移動手段でなく、さまざまな人の営みが交錯する場所だった。
「鉄道写真が語る昭和2」では、大ヒットアニメ映画「君の名は。」の舞台となった駅の開業前の風景や、“秘境駅"として知られる飯田線小和田駅付近を走る前身の三信鉄道の旧型電車、
さらには女性アテンダントの先駆けとなった「はとガール」など、貴重な古写真を満載。
鉄道と人間が接する懐かしの風景を、数十年間にわたる朝日新聞社、毎日新聞社、共同通信社に加え、鉄道写真の老舗・RGGのアーカイブの膨大な保存写真からもセレクト。
旧足尾線などを長く取り続けてきた齋藤利江さんの写真も掲載した。
また、写真に添えられたコラムは単なる情景の説明にとどまらず、当時の社会情勢をふまえ、読みやすくも深い内容になっている。 目次

<目次>
第1章 戦前の懐想(1926~1944)
「君の名は。」の舞台へ高山本線全通(高山本線 飛騨古川駅)ほか
COLUM1 流行に乗り造られた流線形車両 効果なく点検もしにくく短命に

第2章 昭和20年代の懐想(1945~1954)
ゼロ戦のジュラルミンが「輪タク」に(新宿駅東口)ほか
COLUM2 ボディーに白線を巻いた客車で最優先運行の進駐軍専用列車

第3章 昭和30年代の懐想(1955~1964)
伊勢湾台風で国鉄客車が避難所に(関西本線)ほか
COLUM3 初めての気動車特急「はつかり」 故障の多発に「がっかり」の声

第4章 昭和40年代の懐想(1965~1974)
2時間で500杯売れた立ち食いそば(東北本線 上野駅)ほか
COLUM4 昼は座席、夜は寝台として運行 モーレツ電車特急「月光形」

第5章 昭和50・60年代の懐想(1975~1989)
1千万枚売れた「愛国から幸福ゆき」切符(広尾線幸福駅)ほか
COLUM5 日本の鉄道発祥の地で汽笛一声 JR誕生を祝ったC56形SL+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 旅鉄BOOKS 関連シリーズ > 鉄道写真が語る昭和
電子版発売日 2018/04/27
紙の本発売日 2018/04/15 ( 2010年代 )
ページ数: P176
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間