ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード
ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋

通常価格 ¥810(税込)
ぷららポイント 8PT
作者 辻森惺 / 永森裕二
出版社 竹書房
電子版発売日 2018/04/26
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋の商品説明:

枝豆ひとつ、5万円──
その居酒屋は、深夜0時から金貸しになる。
金への欲望と恐怖をリアルに描く闇金小説!

トサン→10日で3割の超暴利! チリも積もれば、限度額。

元ボクサー、キャバクラ嬢、半ぐれ、ヤクザ
金の魔力に取り憑かれたアウトローな連中たち。
返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命は……
2018年5月26日公開の映画『ゼニガタ』原作小説!

居酒屋経営者の裏の顔は──超暴利な闇金業者。
〈あらすじ〉
錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。
路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「銭形〈ゼニガタ〉」。
店主は銭形兄弟の富男(大谷亮平)と静香。
表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金業を始める。
トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し、苛烈な取立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。
ある日、ボクサー崩れの男・八雲が「銭形」に入れてくれと申し出てくる……。
地方でくすぶるキャバクラ嬢や半ぐれ、ヤクザなど、金の魔力に取り憑かれたアウトローな連中たち。
返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク小説。

主演・大谷亮平『逃げるは恥だが役に立つ』『奪い愛、冬』
映画『ゼニガタ』2018年5月26日(土)全国ロードショー

レーベル名 竹書房文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2018/04/26
ページ数: P272
ISBN番号 9784801914513
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ