• OFF
  • ON
シークレットモード

501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー

通常価格 ¥1944(税込)
ぷららポイント 19PT
作者 青田充弘
出版社 リットーミュージック
電子版発売日 2018/04/20
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリーの商品説明:

1人のヴィンテージリサーチャーが史料から読み解いたリーバイスの研究書

誰もが知る世界最大のジーンズ・ブランド、リーバイス。会社の創始者であり、ジーンズの生みの親として知られるリーヴァイ・ストラウスや、ブランドの代表モデルである501のことは、誰もがご存じでしょう。だが、リーヴァイ・ストラウスは、実はジーンズ作りには関わっていなかった、としたら......?

アメリカン・ヴィンテージ・クロージングを専門とする屈指のリサーチャーである著者の青田充弘氏が、膨大な史料をもとに、今まで日本で定説とされてきたリーバイス神話を徹底検証し、知られざるリーバイス史の真相に切り込んでいくのが本書となります。

「商標を鵜呑みにしてはいけない理由」「ツーホースマークの元ネタは?」「人員募集広告から見る、リーバイ工場の変遷」など、数々の史料から導き出した独自の持論を、多数掲載。

これが真実のリーバイスの物語、かもしれない!?

【本の内容】
INTRODUCTION:戦前のヴィンテージ・デニムが希少である理由
第1章(1829-1902):LEVI STRAUSS サンフランシスコの発展に尽力したフィランソロピスト
第2章(1870-1885):JACOBS DAVIS ブルー・ジーンズの真の生みの親
第3章(1885-1906):JACOBS DAVIS リーバイス工場の発展、そしてサンフランシスコ大地震まで
第4章(1906-1922):SIMON DAVIS 震災後のリーバイ社を支えたジェイコブの息子
第5章(1922-1941):MILTON GRUNBAUM 501XXの改善を進めたキーパーソン
第6章(1942-1946):WW II 第二次世界大戦下の物資統制
第7章(1947-1975):JEANS 新生リーバイス。コレクター目線の私的研究
......ほか

レーベル名 立東舎
掲載誌名
紙の本発売日 2018/03/09
ページ数: P272
ISBN番号 9784845632053
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリーへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ