• OFF
  • ON
シークレットモード

プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?

通常価格 ¥2808(税込)
ぷららポイント 28PT
作者 アンドリュー・マカフィー / エリック・ブリニョルフソン / 村井章子
出版社 日経BP社
電子版発売日 2018/04/12
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?の商品説明:

●エリック・シュミット(グーグル元CEO)
今日の変化のスピードと拡がりには、シリコンバレーでさえ驚いている。この変化の波に乗り、先頭に立つためには、多くの混乱が起きる中でも変わることのない原理を理解しなければならない。本書はそうした原理を解き明かす最高の解説書である。

「企業はもはや過去の遺物?」
「専門家はなぜ役に立たないのか?」
『機械との競争』と『ザ・セカンド・、マシン・エイジ』の著者で、「テクノロジー失業」到来を訴えて反響を呼んだMIT(マサチューセッツ工科大学)のコンビが、新たにテクノロジーによる「企業消滅」に挑んだ意欲作。

ビジネスを大きく変革する3つのトレンド――。
●マシン:アルファ碁が代表する自己学習的コンピュータ、AIの進歩。
●プラットフォーム:Amazon、Facebook、Google、Uber、Airbnb、アリババ、テンセントなどが構築した物理的なモノやサービスを提供するしくみと場。
●クラウド(Crowd):大勢の人からアイデアや資金を募る流れ。

マシンは人間の頭脳、プラットフォームはプロダクト、クラウドはコアと呼ばれる企業の製造プロセスやサプライチェーンとペアをなす。
デジタル技術の大変革期を生き延びるためには、この3つのペアのバランスを再考することが急務、と著者たちは訴える。
さあ、あなたの企業は生き延びられる?

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2018/03/24
ページ数: P536
ISBN番号 9784822255633
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ