• OFF
  • ON
シークレットモード

Journalism 2018年4月号
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

Journalism 2018年4月号

通常価格 ¥648(税込)
ぷららポイント 6PT
作者 朝日新聞社ジャーナリスト学校
出版社 朝日新聞出版
電子版発売日 2018/04/13
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

Journalism 2018年4月号の商品説明:

[特集]「平成」という風景

戦争に対する反省と人々との近さ
メディアと作り上げた平成流天皇
 河西秀哉(神戸女学院大学准教授)

平成期のインターネット
市民ジャーナリズムの夢と失墜
 濱野智史(批評家)

テレビメディアの平成とは
フジテレビの栄光と衰退
 吉野嘉高(筑紫女学園大学教授)

「性」が彩った90年代という時代
通信の発達が女性たちを変えた
 森 健(ジャーナリスト)

「長い平和」の先に待つものは?
江戸の歴史から平成が見える
 徳川家広(政治・経済評論家、徳川記念財団理事)

残存し続ける「私刑」体質
日本社会はオウムの総括に失敗
 大田俊寛(宗教学者、埼玉大学非常勤講師)

「8050問題」という危機
家族の「標準」崩れた平成
 清川卓史(朝日新聞編集委員)

誰でも発信、双方向性、ツイッターは銃
平成を漂流してきた僕の「メディア論」
 亀松太郎(ジャーナリスト)

*********************

〈対談〉政治とことばとマーケティング
潜在する欲望を喚起、イメージを惹起
「ことば」分析から浮かぶ政治の実態
 松井 剛(一橋大学教授)
 西田亮介(東京工業大学准教授)

【アスベスト訴訟とドキュメンタリー考】
8年間追った生活者の闘争
「ヒーロー」不在の苦悩と挑戦
 原 一男(映画監督)

【9条と「自衛戦争」「戦力」をどう問うか】
安倍改正案では本質議論できず
市民団体が模擬投票でアピール
 石川智也(朝日新聞特別報道部記者)

〈連載〉記者講座
新聞の文章を考える(上)コラム体験から
 言葉をしなやかに使い読み手に伝える
 記事に浸透力を持たせる表現の工夫を
  福島申二(朝日新聞編集委員)

■メディア・リポート
新聞
 韓国で見た、ジャーナリスト教育
 実践的な授業内容、学生に目的意識
  藤森 研(専修大学文学部教授)

放送
 平昌パラリンピック報道の現実
 東京2020でさらに発信を
  堀 潤(NPO法人8bitnews代表)

出版
 中国で急拡大する絵本市場
 日本の現地法人が営業力で開拓
  星野 渉(文化通信社常務取締役編集長、NPO法人本の学校理事長)

ネット
 商用ブラウザーのルーツ登場から25年
 「バラ色の未来社会」の現実
  高木利弘(株式会社クリエイシオン代表取締役、マルチメディア・プロデューサー)

■海外メディア報告
 米国のエルサレムの首都認定
 報道に見る政治の駆け引き
  川上泰徳(中東ジャーナリスト)

【写真】 今月の1点

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2018/04/10
ページ数: P116
ISBN番号 9784022811141
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
Journalism 2018年4月号へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ