• OFF
  • ON
シークレットモード
名物・金庫番が解き明かす 3つの近未来

名物・金庫番が解き明かす 3つの近未来

作者: 領内修

価格 1,620(税込)
獲得ぷららポイント 16 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

いまから一〇年ほど前、私は金融マンからメーカーの金庫番=
CFO(チーフ・フィナンシャル・オフィサー=最高財務責任者)に転じた。
年に二回ほどIR(投資家向けの広報活動)の仕事でアメリカやイギリスなどを訪れ、
各国の投資家や金融マン、実業家と情報交換をする機会に恵まれた。
そういう情報交換を通じて、私はリーマンショックの前後から、
社会や文化の根底からの「変化の兆し」を感じはじめた。
そこで、私は、自分の得意分野でもある
「金融」「デジタル社会」「組織」の三つの「近未来」について考え、
調べを続けた。
ここ五~六年に行った講義や講演でも、ご要望に応えてそれらを題材にしている。

私が考えている「近未来」とは、
「新東京オリンピックの二〇二〇年から昭和百年の二〇二五年」を
念頭に置いている。
つまり、これから五~一〇年後の近未来を想定している。
最近、テレビなどがよくとりあげる、「ネクストワールド」という
三〇年後の社会を想像した時代設定とは大きく異なる。

本書での近未来は、われわれ中高年者が生きて経験できる時間範囲内のことで、
それは想像の社会ではなく、ある程度、予測がつく社会である。
想定される変化の姿には、次の三つが考えられる。

1.眼前で起こっている変化の延長線上に位置するにすぎないもの。
2.徐々に大きく膨らんで、大変化をともない、社会を変えるパワーをもつもの。
3.昨今の自然災害と同様、天地動乱となる大変事を一気に呼び起こすもの。

昨年十二月の執筆開始から半年、この間、
質的な変化や多様化を引き起こす新情報に驚きをもって対処・対応してきた。
その結果、確信したことは、
大きな変化や変革の波が確実にきているということである。

この機会に、近未来への判断材料を選択し、熟慮し、見つめ直すことで、
多少なりとも読者の共感を得ることができれば望外の幸せである。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2018/04/09
紙の本発売日 2015/06/08 ( 2010年代 )
ページ数: P240
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間