• OFF
  • ON
シークレットモード

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

通常価格 ¥1404(税込)
ぷららポイント 14PT
作者 濱田秀彦
出版社 かんき出版
電子版発売日 2018/04/09
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本の商品説明:

若手社員15000人の悩みと管理職5000人のホンネを集約!

「上司から任せてもらえず逐一チェックが入る。監視されているようで窮屈だ」
「苦労して作った企画が上司にまったく通らない。
それ以前に伝わらない。聞く気すらないように感じてイライラする」
「報告しても、上司が納得してくれない。
相談をしても期待するような答えが返ってこない。話が通じないようでもどかしい」

職場における、上司にまつわる悩みは尽きません。

実は、大半の上司は、察して動いてくれる“間のいい”部下を評価しているのです。

一方、察しの悪い部下に対しては、指示的になり、仕事を任せません。

その“察しの良い・悪い”が一番現れるのが、言葉。
つまり本書のテーマである「話し方」です。

そこで本書は、
上司と部下の「溝」を埋めるための「察知する話し方」
=理解され、認められるための聴き方・話し方のルールを解説します。

何を話すのか、いつ話すのか、どんな言葉を選ぶのか--。
説明、交渉、質問、謝罪、苦情表明、報連相などのシーン別に、
「察知する話し方」と、それを活かすための上司の察知のポイントを解説。

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2014/05/19
ページ数: P224
ISBN番号 9784761269999
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
「上司に話が通じない」と思ったときに読む本へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ