• OFF
  • ON
シークレットモード
み仏のかんばせ

み仏のかんばせ

作者: 安住洋子

価格 627(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

傷を持つ二人が夫婦になるが…感動人情小説。

  貧しい小作の娘だった志乃は、女郎になるのが嫌で江戸に出て行き、首切り浅右衛門のもとで松助という名の「男」として仕えることになった。剣術の腕も磨いていたが、ある日浅右衛門家にとって大切な死人の肝を、強盗に奪われてしまう。責任を取って浅右衛門のもとを去り、名前を戻し針売りの娘として生きはじめた志乃。そこに、志乃が憧れていた壮太があらわれた。「男」として介錯を仕事としてきた志乃はまともな幸せなど考えていなかったが、お互いの気持ちを確かめて、夫婦になった二人。
 しかし、壮太にも隠された過去があった――。志乃が奪われた死人の肝を盗んだのが、壮太達だったのだ。そして、仲間の男だった沖次が凶暴になって、江戸の町を震撼させていたのだ。壮太は、沖次と決着を付けようと出かけていく。それを追って、刀を持った志乃が追いかけていく。果たして決着は!?(第一部 「月明かりの面影」)
 第二部では、夫婦のその後と沖次の子供が絡んでいく。(「裏庭の陽だまり」)
 ささやかな幸せを願う市井の女性が懸命に生きる姿を描いた人情小説。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 歴史・時代小説
掲載雑誌
レーベル名 小学館文庫
シリーズ
電子版発売日 2017/12/15
紙の本発売日 2017/12/11 ( 2010年代 )
ページ数: P256
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • ぷらら ボイメンオリジナルマンガ 3/31まで

み仏のかんばせのレビュー

3.8
評価数 : 5
5
2
4
1
3
1
2
1
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

小学館文庫の関連作品

歴史・時代小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間