• OFF
  • ON
シークレットモード
叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか

叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか

作者: 池内敏

価格 2,310(税込)
獲得ぷららポイント 23 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

秀吉の朝鮮出兵から近代まで、日本と朝鮮の交流と衝突。「元禄竹島一件」とよばれる江戸期の事件はどのように近代にまで影響を与えたか。朝鮮通信使と漂流民など、鎖国と日朝関係、そして近代の植民地時代まで。日本人の朝鮮観と日朝関係を、歴史学の成果を駆使して描く。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 叢書 東アジアの近現代史 関連シリーズ > 叢書 東アジアの近現代史
電子版発売日 2017/11/10
紙の本発売日 2017/10/30 ( 2010年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 大洋図書、ビーボーイ編集部、新書館、フロンティアワークス ボーイs フェスタ2020秋 第3週【溺愛ノベル特集】 11/26まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

関連シリーズ

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間