• OFF
  • ON
シークレットモード
龍馬は生きていた

龍馬は生きていた

作者: 加来耕三

価格 927(税込)
獲得ぷららポイント 9 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

著者が、およそ10年をかけて積み上げてきた、全国各地に残された史片や伝説、伝承を繋いで、紡ぎ出す“もう一つの維新物語”――。

1867年11月15日、京都・近江屋で暗殺されたのは、じつは坂本龍馬と中岡慎太郎の影武者だった。暗殺をかわした2人は討幕派の王政復古を阻止し、「翔天隊」を率いて、第3次長州征伐の休戦に奔走する。「生きていた」龍馬のその後とは。
坂本龍馬没後150周年におくる、歴史が10倍面白くなる本格的歴史シュミレーション小説。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 歴史・時代小説
掲載雑誌
レーベル名 潮文庫
シリーズ
電子版発売日 2017/11/03
紙の本発売日 2017/10/05 ( 2010年代 )
ページ数: P380
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

潮文庫の関連作品

歴史・時代小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間