• OFF
  • ON
シークレットモード
Windows Server 2012 Technology 仮想化・クラウド・セキュリティ時代のActive Directory

Windows Server 2012 Technology 仮想化・クラウド・セキュリティ時代のActive Directory

作者: 松田英也

価格 2,750(税込)
獲得ぷららポイント 27 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

今企業のITインフラではセキュリティ対策強化や、仮想化技術やクラウドの導入が進んでいます。
本書では、進化するITインフラにおいて、Windows Server 2012で進化したActive Directoryをどのように活用することができるか、わかりやすく解説します。

クラウドと言う言葉が流行しはじめてから、もう何年たったのだろうか。
最初はリーマンショック後の淋しい世の中の神頼み的な言葉だったが、やっとビジネスとして定着してきたのかもしれない。クラウドの利用はコンシューマーからエンタープライズに浸透しているが、総務省が7月17日に公表した「2012年版情報通信白書」によると、全社的な利用は大企業で14.5%、中小企業の利用はまだ7%程度とのこと。
Windows 2000 Serverから採用されたActive DirectoryはオンプレミスのWindowsシステムでは安定した地位を確立し、そのシステムを構成する技術も年々進化している。よくLinuxの台頭でWindows Serverはどうなるのかと聞かれることがあるが、LinuxとWindowsの得意分野の住み分けはできていると答えている。クライアントPCでWindowsを選ぶ場合、100台以上のクライアントを管理するとしたらActive Directoryシステムが必ず必要になる。またアメリカの最先端技術に対する取り組みの早さには脱帽してしまうが、Microsoftも早々に仮想化・クラウドによるシステムやテクノロジーをリリースしている。このため中小企業においてもクラウドを活用することにより、Windowsシステムを選択する企業が増えていくだろう。仮想化テクノロジにおいては2012年にMicrosoft Hyper-Vが先発のVMWare ESXをシェアで抜いたという情報も発信されている。今後もMicrosoft Server Platform製品から目が離せない。
これから、クラウド市場が伸びようが伸びまいが、クラウドを支える仮想化技術が、システムの構築フェーズ、運用フェーズにおいても重要な役割を果たし、業務の効率化を担う牽引役となることは確実である。また、このような最先端テクノロジーを知っているかが今後のエンジニアのキャリアプランに大きな影響を与えることも明らかだ。
この書はマイクロソフト社で長年Active Directoryやセキュリティ技術を担当し、現在はCitrix社で仮想化技術の技術支援を担当している松田氏に執筆していただいた。この経歴から技術力にどれだけ信頼があるかお分かり頂けるはずです。この本を書くには最適な方だと推薦いたします。
Windowsサーバの基礎知識を習得し、システムエンジニアとして活躍しはじめた方がキャリアプランをより強固なものにし、次の一歩を歩みだすためにこの本をお役立ていただければ幸甚です。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2017/11/03
紙の本発売日 2013/04/01 ( 2010年代 )
ページ数: P246
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間