• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ぷらら、小学館 映像研には手を出すな!原作ポイント50倍 10/31まで
色づかいで人を見抜く カラー読心術―――気になるアノ人のことがスグわかる!

色づかいで人を見抜く カラー読心術―――気になるアノ人のことがスグわかる!

作者: 河野万里子

価格 1,098(税込)
獲得ぷららポイント 10 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

「いま、目の前にいる人の本音が知りたい・・・」

相手の本音や今日のメッセージを、
何かで読み取ることができればと切実に願う瞬間がありますよね。


★どうコミュニケーションを図ったらいいのか?

相手に直接本音を聞けそうで聞けないときだからこその方法です。


★相手の持っている色を見ろ

いま目の前の相手のファッションや小物の色は、
意識・無意識に関係なくその人が選びとった色。
黙っていても、本心を隠していても、
どうしても伝わってしまうのが色のメッセージ。

その色が持つ固有のメッセージを読み取るだけで、
相手の本音や今日のメッセージに迫ることができるのです。


★まずご自身が選ぶ色で考えてみてください。

ご自身がいつも好んで身に付けている色があったり、
この色は絶対に無理といった拒否感の強い色があったりしません?


★色の『好き』『嫌い』ってどこから生まれるのでしょうか

色には多くの人が同じ意味として受け取っている固有のメッセージがあるのです。
そのメッセージが自分に合うか合わないかを、その色の好き嫌いとして、
私たちは感じています。


★具体的な例をご紹介しましょう

例えば『黒』という色には「威厳」や「カリスマ性」という固有のメッセージがあります。
寡黙なのに存在感がある、どの色にも染まらない頑固なまでの個性があるのです。

 他にも黒には「孤独」「威厳」裏を返せば、「友だちいない」「近寄りがたい」
 黄色には「ユーモア」「フレンドリー」、裏を返せば「空気が読めない」「重みがない」


★周りの友人知人を思い出してみよう

そん『黒』のファッションで強烈にブランドを世界に印象づけたのが、
アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏です。
彼が商品のプレゼンテーションをするときには、、、。
(この先は本文にて。)


★あなたも「カラー読心術」を活用すれば、
 とてもいいコミュニケーション力がつくはずです。
 

■目次

第1章 色には万人共通のメッセージが託されている

第2章 身につける色にはその人の生き方が表われる

第3章 これが「カラー読心術」 基本13色を徹底解説

第4章 持っているモノの色から相手の心を読み解く【ビジネス編】

第5章 持っているモノの色から相手の心を読み解く【恋愛結婚編】

第6章 色を上手に使って幸せと成功をつかみとろう

■著者 河野万里子+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2017/10/06
紙の本発売日 2013/01/09 ( 2010年代 )
ページ数: P224
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • アニメ版:思い、思われ、ふり、ふられ原作ポイント30倍 10/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間