• OFF
  • ON
シークレットモード
やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(11)
完結

やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~(11)

作者: 篠原とおる

価格 330(税込)
獲得ぷららポイント 3 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

ひとときの休暇を楽しむことにした志摩。向かった先は萱島という小さい島だった。船を降りると入れ違いに病人が運ばれていく。無医村? だが島内を散策する志摩は診療所を見つける。病院はあるのに何故、船で病人が運ばれていったのか? すると診療所から患者が飛び出してきた。院内を覗くと医師が仁王立ちしている。左手には注射器、右手には酒瓶!? 原因はこの医師だった。医師は単身赴任の寂しさからか酒に溺れるようになり、メチャクチャな診察を繰り返しているらしい。島民は協議を重ね、その医師に出ていってもらうよう通告することになっていた。そんな矢先、子どもが大怪我で早急に治療を行わなければならなくなった。慌てて診療所に駆け込むと……案の定、酒に溺れた医師がいた。志摩はその医師と対峙する!! 篠原とおる先生がお贈りする弁護士・志摩律子の華麗なるサスペンス事件簿、人間関係が交錯する第11巻(全14巻)!!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 男性マンガ > 青年マンガ
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~ 関連シリーズ > やどかり~弁護士・志摩律子の事件簿~
電子版発売日 2017/03/24
紙の本発売日
ページ数: P230
対応端末
  • 2021年ジャンル別年間ランキング

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 宝島社 このマンガがすごい!2022 1/31まで

作者の他作品

関連シリーズ

青年マンガのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間