• OFF
  • ON
シークレットモード
ビートたけしと北野武

ビートたけしと北野武

作者: 近藤正高

価格 825(税込)
獲得ぷららポイント 8 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

俳優としてこれまでドラマ・映画に数多く出演したきたビートたけしは、金嬉老、3億円事件の犯人、大久保清、東条英機、田岡一雄、千石剛賢など、実にさまざまな実在する人物を演じてきた。そこでは、差別・暴力・宗教など、日本社会ではタブーとされがちなテーマが取り上げられている。そうした出演作品を軸に、現代社会の「欺瞞」、そして「ビートたけし」と「北野武」の「二面性」にも迫った、画期的論考!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 講談社現代新書
シリーズ
電子版発売日 2017/03/24
紙の本発売日 2017/03/20 ( 2010年代 )
ページ数: P228
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

ビートたけしと北野武のレビュー

3.5
評価数 : 2
5
0
0件
4
1
3
1
2
0
0件
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

講談社現代新書の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間