• OFF
  • ON
シークレットモード
「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものか

作者: 二宮誠

価格 858(税込)
獲得ぷららポイント 8 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

労働運動ひとすじ40年。全国各地で労働組合の組織化を指揮してきた「伝説のオルガナイザー」が、すべてを語った。ケンカ同然のストライキ、倒産企業の整理でヤクザと対立、労組結成を嫌がる社長への直談判――。格差に苦しむ、すべての労働者のために、時に怒り、時に涙した活動の記録。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 講談社+α文庫
シリーズ
電子版発売日 2017/03/24
紙の本発売日 2016/03/16 ( 2010年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

「オルグ」の鬼 労働組合は誰のためのものかのレビュー

3.5
評価数 : 2
5
1
4
0
0件
3
0
0件
2
1
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

講談社+α文庫の関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間