• OFF
  • ON
シークレットモード
2020年 消える金融--しのびよる超緩和の副作用

2020年 消える金融--しのびよる超緩和の副作用

作者: 大木剛 / 柴崎健 / 高田創

価格 1,870(税込)
獲得ぷららポイント 18 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

◆生き抜くためのビジネスモデル進化を示す
未曽有の緩和によって蝕まれてきた金融機能。2020年の業務純益激減に直面し消える金融になるのか、それとも生き残るべく進化を遂げられるのか――。マーケットを熟知したエコノミストたちが、これからの金融ビジネスと政策を予測し、LED戦略、リバンドリング、商社化など、従来の枠を打ち破る進化の方向性を大胆に提案する。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 日本経済新聞出版
シリーズ
電子版発売日 2017/03/17
紙の本発売日 2017/02/24 ( 2010年代 )
ページ数: P288
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

日本経済新聞出版の関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間