• OFF
  • ON
シークレットモード
江戸の性事情

江戸の性事情

作者: 永井義男

価格 704(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

現代、「密通」を不倫と解釈している人が多いが、江戸時代においてはその定義は厳格で、
正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通だった。
 しかも、密通に対する処罰はきびしかった。多くの場合、死刑になった。
 ただし、これはあくまで建前である。
 密通を町奉行に訴え出る人はほとんどいなかった。
 そのため、多くの男女は平気で密通を享楽していた。

 江戸時代の武士の妻はみな貞淑だったと信じている人は多い。
 「武士の妻はつねに懐剣をふところに忍ばせており、操が守れないような状況になれば喉を突いて自害した。」などと解説した本すらある。
 しかし、実態はかなり異なり、武士の妻にも密通は少なくなかった。 (本文より)+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 ベスト新書
シリーズ
電子版発売日 2017/03/10
紙の本発売日 2016/12/10 ( 2010年代 )
ページ数: P244
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』2作品最終6話+1作品5話目配信スタート

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ベスト新書の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間