• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【えちえち特集】 5/20まで
キングコング 髑髏島の巨神

キングコング 髑髏島の巨神

作者: 有澤真庭 / ジョン・ゲイティンズ / ダン・ギルロイ / ティム・レボン / マックス・ボレンスタイン

価格 891(税込)
獲得ぷららポイント 8 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

『GODZILLA ゴジラ』の製作チームが贈る、
最凶・最強・最恐──最大の王
究極のモンスター降臨!
南太平洋のどこか──神秘の島〈髑髏島〉
しかし、そこは──人類立入禁止
怪物だらけのこの島では
人類は虫けらにしか過ぎない
命を賭けて脱出せよ!

『キングコング 髑髏島の巨神』
2017年3月25日より、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー
〈あらすじ〉コングが王者(キング)になる──誰も知らない物語。
それは簡単な任務のはずだった…。侵略地拡大のため、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはならない島──髑髏(ドクロ)島だった。爆弾を落とし、気軽に調査を開始した隊員たちの前に突如として姿を現す、島の巨大なる守護神“コング”。巨神の圧倒的なパワーの前に唖然とする隊員たち。骸骨が散らばる島の岩壁には血塗られた巨大な手の痕跡までもが…。だが、悪夢はそれだけではなかった。彼らの前には、謎の巨獣たちが次々と現れる。逃げても、隠れても、容赦なく襲いかかる巨獣たちを目の前に人間は虫ケラに過ぎず為す術もない……。絶体絶命、待ったなしの猛襲が続く中、やがて明らかになる髑髏島の秘密──。果たして、コングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのか──。人類は生きて、この島から脱出できるのか──。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説
掲載雑誌
レーベル名 竹書房文庫
シリーズ
電子版発売日 2017/03/10
紙の本発売日 2017/03/10 ( 2010年代 )
ページ数: P384
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 4話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

竹書房文庫の関連作品

文芸小説のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間