• OFF
  • ON
シークレットモード
妻が椎茸だったころ
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

妻が椎茸だったころ

通常価格 ¥594(税込)
ぷららポイント 5PT
作者 中島京子
出版社 講談社
電子版発売日 2017/01/13
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

妻が椎茸だったころの商品説明:

亡き妻の残したレシピをもとに、椎茸と格闘する泰平は、料理教室に通うことにした。不在という存在をユーラモスに綴る表題作のほか、叔母の家に突如あらわれ、家族のように振る舞う男が語る「ハクビシンを飼う」など。日常の片隅に起こる「ちょっと怖くて、愛おしい」五つの偏愛短編集。<泉鏡花賞受賞作>

レーベル名 講談社文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2016/12/15
ページ数: P184
ISBN番号 9784062935500
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
妻が椎茸だったころへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ