• OFF
  • ON
シークレットモード
スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための「睡眠革命」
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための「睡眠革命」

通常価格 ¥1944(税込)
ぷららポイント 19PT
作者 アリアナ・ハフィントン / 本間徳子
出版社 日経BP社
電子版発売日 2016/12/02
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための「睡眠革命」の商品説明:

私は、この睡眠という古くて不可欠で不思議な現象をあらゆる角度から検討したくて、また、狂ってしまった生活のバランスを取り戻すために睡眠をどう活用できるかを探りたくて、本書を書いた。後半の章では眠りに役立つツールやテクニックを紹介するが、そこまで読み進んだ頃には、認識を行動に移す必要があると確信してもらえると思う。
 最初の2章では、私たちの睡眠がいかに深刻な危機に陥っているかを見ていく。証拠は山ほどある。一般に必要とされる毎晩7~8時間の睡眠を取れていない人は米国人の4割を超えており、他の国でも同様の(あるいはさらに悪い)状況だ。このことは、さまざまな分野に影響を及ぼしている。
 第3章では睡眠の歴史をひもとく。産業革命によって、かつて、神聖なものに通じる唯一の門として畏敬の念で扱われていた睡眠は、進歩と生産性を追求する時流の犠牲になった。20世紀に入ると、労働運動の機運が高まり、睡眠もいくらか地位を取り戻した。その後、睡眠科学という新たな科学が誕生し、眠りが心身の健康のあらゆる面に深くかかわることがわかってきた。しかし一方で、20世紀末の技術進歩は、休みなく働き続けることも可能にした。それが今日の私たちの世界だ。
 続く章では科学研究に目を向け、睡眠中に私たちの体内で何が起きているのかを探る。結論から言えば、実にたくさんのことが起きている。睡眠中の脳は、休眠するどころか、あちこちが猛烈に活動している。それらの部位がする仕事(あるいは、睡眠不足のときになされない仕事)の影響は、きわめて大きい。

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2016/11/23
ページ数: P479
ISBN番号 9784822251918
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための「睡眠革命」へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ