• OFF
  • ON
シークレットモード
義経はどこまで生きていたのか
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

義経はどこまで生きていたのか

通常価格 ¥1296(税込)
ぷららポイント 12PT
作者 大貫茂
出版社 交通新聞社
電子版発売日 2016/12/02
ジャンル ビジネス・実用等 > エンタメ・サブカルチャー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

義経はどこまで生きていたのかの商品説明:

史実としては、源義経は文治五年(1189)、平泉の持仏堂で自害し果てたと伝えられている。しかし義経の伝説地は、岩手県と青森県に百カ所以上、北海道には百二十カ所以上もある。そしてその伝説地は極端なものを除いてもほぼ一本の線につながるという。本書はこの多くの伝説に興味をもった著者が、平泉以北の義経の足跡をたどり、独自の解釈でまとめた一冊。「判官びいき」に訴える、歴史ロマンあふれる義経裏外史である。

■大貫 茂
1933年横浜市生まれ。日本文藝家協会会員。山と溪谷社勤務を経て、写真紀行作家として活躍。植物写真に定評があり、出版した著書は、『花の古寺巡礼』(ぎょうせい)、『萬葉植物事典』(クレオ)、『桜伝説』(アーツアンドクラフツ)など100冊を超える。

レーベル名 交通新聞社新書
掲載誌名
紙の本発売日 2016/11/18
ページ数:  
ISBN番号 9784330730165
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
義経はどこまで生きていたのかへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ