• OFF
  • ON
シークレットモード
ロンドン五輪でソーシャルメディアはどう使われたのか データで読むソーシャリンピック元年

ロンドン五輪でソーシャルメディアはどう使われたのか データで読むソーシャリンピック元年

作者: 野々下裕子

価格 1,027(税込)
獲得dポイント 9 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

2012年7月27日から8月12日までイギリスのロンドンを舞台に開催された第30回夏期オリンピック・ロンドン大会は、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアが本格的に普及して初めてとなる大会であったことから、「ソーシャリンピック」と呼ばれました。その呼び名の通り、開催期間中の合計ツイート数は1億件を超え、北京大会の125倍以上に膨らみました。本書は、このソーシャルメディア、ライブストリーミング、五輪専用アプリなど、会期中、提供されていた様々なネットサービスとその利用実態を、さまざまなデータをもとにふり返ります。 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT
掲載雑誌
レーベル名 Next Publishing
シリーズ
電子版発売日 2016/11/25
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • 2022年ジャンル別年間ランキング
  • 女性ジャンル30倍

作者の他作品

Next Publishingの関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間