• OFF
  • ON
シークレットモード
  • オリジナルBLコミック『pirka2(ピリカピリカ)』レーベル フォロー&ツイートキャンペーン
跳び箱に手をつき骨折する子ども 子どもの「運動機能の低下」の実態

跳び箱に手をつき骨折する子ども 子どもの「運動機能の低下」の実態

作者: 柴田輝明

価格 880(税込)
獲得ぷららポイント 8 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

平成19年から始まった運動器検診を通して見えてきた、子どもの体の「老化現象=ロコモティブ・シンドローム」。 幼少期からの過度の運動や生活習慣の乱れ、運動不足など、偏った体の使い方によって、体のエンジンのような機能を果たす骨や筋肉などの「運動器」の機能が未発達な子どもが増えている。 医師としての立場から提言する。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション
掲載雑誌
レーベル名 ポプラ新書
シリーズ
電子版発売日 2016/09/16
紙の本発売日 2016/09/09 ( 2010年代 )
ページ数: P190
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ポプラ新書の関連作品

エッセイ・ノンフィクションのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間