• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【えちえち特集】 5/20まで
だから笑介(22)

だから笑介(22)

作者: 聖日出夫

価格 605(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

▼第1話/上役▼第2話/愛着▼第3話/ホームパーティー▼第4話/Y2K▼第5話/フェローシップ▼第6話/見送り▼第7話/ライバル意識▼第8話/素顔▼第9話/社外秘▼第10話/つなぎ役▼第11話/大異動▼最終話/大抜擢 
●登場人物/大原笑介(三流大学出身、学業成績不良にもかかわらず、なぜか天下の名門商社、五井物産に入社)、高山部長(食品事業部のうるさい親分。毒舌家だが、人情にも厚い、名教育係) 
●あらすじ/明応食品の売れ筋商品“ちょこ辛”をコンビニの販売ルートに乗せるため、地道な交渉を続ける笑介。明応食品にとっても悪い話ではなく、開発担当の田所部長からは了承を得ているのだが、その上役・津村取締役からなかなかOKが出ないのだ。あきらめずに明応食品に足を運ぶ笑介だが、話が進展しない原因は、実は田所部長にあって……?(第1話)▼この巻の特徴/食品事業部のベテランOL・花園がバイオ関連のプロジェクトを立ち上げたことにより、笑介たち食品3課に大改編の波が押し寄せる。花園はバイオ事業部の部長に、高山はバイオ・食品両事業部の兼任取締役に、そして食3の仲間たちは各々振り分けられることに……。同期の加藤の心配をよそに、笑介は異動に全く無頓着。ところが……? 人を、仕事を愛する笑介が、さらなるステップアップを果たす、感動の最終巻。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 男性マンガ > 青年マンガ
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル名 ビッグコミックス
シリーズ
電子版発売日 2016/06/10
紙の本発売日 2000/06/30 ( 2000年代1990年代 )
ページ数: P240
対応端末
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 4話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビッグコミックスペリオールの関連作品

青年マンガのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間