• OFF
  • ON
シークレットモード
  • 大洋図書、新書館、リブレ、フロンティアワークス	ボーイs フェスタ2021初夏【えちえち特集】 5/20まで
だから笑介(12)

だから笑介(12)

作者: 聖日出夫

価格 605(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

▼第1話/アパート▼第2話/パーティー▼第3話/貢献▼第4話/視察▼第5話/気配り▼第6話/クリスマス休暇▼第7話/人事担当者▼第8話/理由▼第9話/一生懸命▼第10話/お客さん  ●登場人物/大原笑介(米国五井物産・食品課マネージャー)、竹下(室町食品アメリカ社長)、北大路秀人(米国五井物産・食品課社員)  ●あらすじ/ニューヨークでの生活にもそろそろ慣れてきた笑介。今日はホテル暮らしを終える日だ。引っ越し先は会社から徒歩15分の高級アパートメント。笑介と同じく、単身赴任でやって来た日本人の住人も多く、早速、カップめんの蕎麦を持って挨拶に回る笑介。だが、なぜが隣人たちの態度がよそよそしい…(第1話)。▼米国五井の食品担当・伊藤が悩んでいる。業績不振で代金未納になりそうな会社を見抜き、小麦の出荷を停止したまでは良かったが、その小麦の転売先が見つからないというのだ。このままでは会社に3億円もの損失を与えることになってしまう。その話を聞いた笑介は室町食品アメリカに相談するが、頼みの綱の竹下社長にも買い取りを断わられてしまう。そんな時、四星商事の食品担当者が、その小麦を引き取ってもいいと持ちかけてきた。五井物産にとっては願ってもない話だが、その小麦を使用するのは、室町食品のライバルメーカー。四星に売れば、竹下への重大な背信行為となってしまうのだ…(第3話)。  ●その他の登場人物/高山食品事業部部長代理(第4、6、9話)、大原今日子(第6話)、畑中GM(第2、8話)、橋場四星商事NY支社社員(第1、3話)、カーソン知事(第8話)、花園課長(第10話)+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 男性マンガ > 青年マンガ
掲載雑誌 ビッグコミックスペリオール
レーベル名 ビッグコミックス
シリーズ
電子版発売日 2016/06/10
紙の本発売日 1996/10/30 ( 2000年代1990年代 )
ページ数: P224
対応端末
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 4話配信
  • BL50倍ポイントクーポン

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

ビッグコミックスペリオールの関連作品

青年マンガのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間