• OFF
  • ON
シークレットモード
競馬 勝つための洞察力 時代の絶対強者を見抜く玄人の戦術

競馬 勝つための洞察力 時代の絶対強者を見抜く玄人の戦術

作者: 本島修司

価格 1,650(税込)
獲得dポイント 15 PT

※WebIDからdアカウントへ移行すると、dポイントをためる・つかうことができます。詳しくは こちら

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

競馬は“見抜き”の勝負だ!
腕のある騎手を見抜く。乗り馬の質だけで勝っている騎手を見抜く。種牡馬の本質を見抜く。競走馬の能力とピークを見抜く。その時代の「絶対強者」を見抜くことこそ、競馬で勝つための王道なのだ。

本島修司が、自身の提唱してきたセオリーの最新版も含め、「見抜く」ための着眼点=洞察力の磨き方について書き下ろした渾身の一冊。初公開「一口馬主の極意」も必見!

<主な掲載コンテンツ>
■隙を見せたノーザン、本気を出した社台
■横山典弘のウルトラライド ―買っていい時、ダメな時―
■現代競馬人・必須の見抜き ―小箱の名手・福永祐一、最大の弱点―
■いま、最も下手な騎手
■変革のボーダーライン ―キーワードは「三浦以前」と「三浦以降」―
■GIの見抜き ―王道型・4歳ピーク説に陰りはあるか―
■有馬記念・枠順公開ドラフトの実施。枠順はどれほど結果に影響するのか?
■二世代目、三世代目でブレイクする種牡馬をどう見抜くか
■ディープインパクト産駒の馬券 ―宝にする人、紙くずにする人―
■種牡馬マルジュの正体 ―あの懐かしの1999より―
■種牡馬タピットの解析 ―実は買うより怪しむ種牡馬―
■一口馬主は「運」。しかしその運を高める方法はある
■重要ポイント1 「何をしたいのか」の明確化
■重要ポイント2 拾う(買う)タイミングによるリスクヘッジ
■重要ポイント3 (セリを見ているとわかる)確率論
■最初に作った「当たり前なのに盲点となっている」セオリー
■コツは「デビュー戦7着くらい」と見ること
■ゴールドシップ出遅れ事件。ファンが怒るべきは「現象」ではなく「現象後」
■川田騎手の「勝ったのに騎乗停止」を、どう見るか
■その1角に見た、光 + 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 実用・ホビー・暮らし・健康
掲載雑誌 競馬王
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2016/01/15
紙の本発売日 2015/11/26 ( 2010年代 )
ページ数: P216
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

競馬王の関連作品

実用・ホビー・暮らし・健康のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間