• OFF
  • ON
シークレットモード
多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

作者: 坂井豊貴

価格 792(税込)
獲得ぷららポイント 7 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

選挙の正統性が保たれないとき、統治の根幹が揺らぎはじめる。選挙制度の欠陥と綻びが露呈する現在の日本。多数決は本当に国民の意思を適切に反映しているのか? 本書では社会的選択理論の視点から、人びとの意思をよりよく集約できる選び方について考える。多数決に代わるルールは、果たしてあるのだろうか。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名 岩波新書
シリーズ 岩波新書 関連シリーズ > 多数決を疑う 社会的選択理論とは何か
電子版発売日 2015/07/16
紙の本発売日 2015/04/21 ( 2010年代 )
ページ数: P208
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • 実写版:思い、思われ、ふり、ふられ原作ポイント30倍 9/10まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

岩波新書の関連作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間