ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード
さらば、わが暗黒の日々
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

さらば、わが暗黒の日々

通常価格 ¥486(税込)
ぷららポイント 4PT
作者 河野典生
出版社 アドレナライズ
電子版発売日 2015/06/26
ジャンル 小説・文芸 > ミステリー

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

さらば、わが暗黒の日々の商品説明:

仕事でバリに降り立った私は、仕組まれた“偶然”により事件に巻き込まれてゆく

 私の躰はくの字に折れ曲がっていた。やがて二人の人間が私を抱え、彼らが海浜の水際を歩いていることがわかる。やがて私の躰は、どさりと降され、同時に大きく左右に揺れた。そう遠くない場所で、早口のインドネシア語の会話がきこえる…。
 バリに来てから、奇妙な人影が常にまとわりついていた。現地のガイドと警察、民族音楽グループ、オーストラリア人の大富豪、そして日本で死んだはずのあの女。やがて殺人事件が起きて、その陰謀が徐々に明らかになっていく…。
 インドネシアのバリ島を舞台にくりひろげられる、正統ハードボイルド長篇。

●河野典生(こうの・てんせい)
1935年1月高知県生まれ。詩作、劇作のかたわら1960年『陽光の下、若者は死ぬ』でデビュー。1964年『殺意という名の家畜』で推理作家協会賞を受賞。日本のハードボイルド小説の先駆者となる。幻想派SF小説、ジャズ小説など、多彩な執筆分野とジャズのフィーリングを持つ作家として特異な存在。

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
さらば、わが暗黒の日々へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ