• OFF
  • ON
シークレットモード
三国志 最強武将Top45

三国志 最強武将Top45

作者: 満田剛

価格 539(税込)
獲得ぷららポイント 5 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

豊富なイラストとレーダーチャートで視覚的に読書を楽しめるtop45シリーズ!

≪武力、知力、統率力、魅力、政治力、門地≫ 、6項目のレーダーチャートで三国志に登場する武将の実力を徹底分析!

【特徴】
・オリジナルのイラストにこだわりました。ビジュアル的にも楽しめる作りのため、男性はもちろん女性にもオススメです。
・レーダーチャートによる実力分析で視覚的に各武将の実力がわかるよう心がけました。
・三国志に興味のある方はもちろん、歴史の勉強にも最適です。

【はじめにより抜粋】
本書では、ゲームを含んだ創作物を念頭に置きつつ、歴史研究者としての視点も盛り込んだうえで、後漢末中国・三国時代の司令官や知将(参謀)として活躍した代表的な人物について、独自の基準に基づいて順位をつけながら紹介させていただいています。

中国・三国時代は寒冷化とそれによる食糧不足、そして戦乱が多発した「華麗なる暗黒時代」でした。

『三国志』の面白さのひとつは、そんな時代の中で苦闘した人物の生き方・知恵・志などが混迷の時代を生きる我々にインスピレーションを与えてくれることでしょう。


【目次】

はじめに

●司令官Top25
第1位 曹操(孟徳)
第2位 諸葛亮(孔明)
第3位 周瑜(公瑾)
第4位 劉備(玄徳 )
第5位 司馬懿(仲達)
第6位 陸抗(幼節)
第7位 陸遜(伯言)
第8位 杜預(元凱)
第9位 ドウ艾(士載)
第10位 孫策(伯符)
コラム1 魏/呉/蜀漢の国力差はどれほどだったのか

第11位 関羽(雲長)
第12位 満寵(伯寧)
第13位 郭淮(伯済)
第14位 姜維(伯約)
第15位 曹仁(子孝)
(中略)
コラム2 なぜ劉備は演義で凡将扱いされているのか
(中略)
コラム3 出身地から見た『三国志』

●知将Top10
第1位 魯粛(子敬)
第2位 鍾会(士季)
第3位 賈ク(文和)
第4位 荀イク(文若)
第5位 郭嘉(奉孝)
(中略)
コラム4 どうすれば呉や蜀漢に逆転の可能性があったのか?

●群雄 Top10
第1位 張角
第2位 董卓(仲穎)
第3位 陶謙(恭祖)
第4位 劉焉(君郎)
第5位 袁紹(本初)
(中略)
コラム5 曹操はなぜ統一できなかったのか?+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ Top45シリーズ 関連シリーズ > 三国志 最強武将Top45
電子版発売日 2015/06/19
紙の本発売日
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間