• OFF
  • ON
シークレットモード
動物行動の分子生物学

動物行動の分子生物学

作者: 奥山輝大 / 上川内あづさ / 久保健雄 / 竹内秀明

価格 2,640(税込)
獲得ぷららポイント 26 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

遺伝子組換え技術が動物行動の解析手段として用いられるようになったのは1990年代半ば頃であるが、現在、分子レベルではどのような研究が進み、今後どのような発展が期待されているのだろうか。本書は線虫、ショウジョウバエ、小型魚類、マウス、ミツバチを題材に、それぞれの動物の行動を生み出す脳や神経系ではたらく分子(遺伝子やRNA、タンパク質)が調べられた研究成果に焦点を当てて解説した。また、近年発達したオプトジェネティクス(光遺伝学)手法についても詳説する。行動分子生物学をこれから勉強する方、また理解をさらに深めたい方にお薦めしたい。+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ 新・生命科学 関連シリーズ > 動物行動の分子生物学
電子版発売日 2015/05/22
紙の本発売日 2014/07/20 ( 2010年代 )
ページ数: P192
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間