• OFF
  • ON
シークレットモード
木曜日だった男 一つの悪夢

木曜日だった男 一つの悪夢

作者: チェスタトン / 南條竹則

価格 671(税込)
獲得ぷららポイント 6 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

この世の終わりが来たようなある奇妙な夕焼けの晩、十九世紀ロンドンの一画サフラン・パークに、一人の詩人が姿をあらわした。それは、幾重にも張りめぐらされた陰謀、壮大な冒険活劇の始まりだった。日曜日から土曜日まで、七曜を名乗る男たちが巣くう秘密結社とは何なのか? そしてミスター木曜日とは誰なのか? 探偵小説にして黙示録でもある、幻想ピクニック譚、胸躍る新訳でついに登場!+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル 小説・文芸 > ミステリー
掲載雑誌
レーベル名 光文社古典新訳文庫
シリーズ
電子版発売日 2014/11/04
紙の本発売日 2008/05/20 ( 2000年代 )
ページ数:  
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • ぷらら ボイメンオリジナルマンガ 3/31まで

木曜日だった男 一つの悪夢のレビュー

3.6
評価数 : 31
5
2
4
16
3
11
2
2
1
0
0件
▶すべてのレビューを読む

作者の他作品

光文社古典新訳文庫の関連作品

ミステリーのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間