• OFF
  • ON
シークレットモード
  • ビューア切替に伴うアプリ更新の注意喚起
風景とローカル・ガバナンス 春の小川はなぜ失われたのか

風景とローカル・ガバナンス 春の小川はなぜ失われたのか

作者: 縣公一郎 / 佐々木葉 / 塚本壽雄 / 鳥越皓之 / 中村良夫 / 西研 / 羽貝正美 / 藤倉英世 / 山田圭二郎 / 早稲田大学公共政策研究所

価格 1,980(税込)
獲得ぷららポイント 19 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

2004年6月に景観法が公布されて以来、すでに10年が経過している。しかしながら、わが国では風景の「劣化」と呼ばれる、風景の雑然化、画一化、無個性化が依然として進行しており、昨今、その対象は国土の基調となる、ごく日常的な社会活動が行われている地域全域に及んでいる。
 こうした社会的背景をふまえ、風景学、環境社会学、都市行政学、景観工学、社会哲学、公共経営学の各分野の第一線の研究者が、風景の「劣化」をくいとめ、風景をつくり、守り、向上させていくための理論と実践を徹底研究する。これまでにない風景研究の一冊。
《日本図書館協会選定図書》+ 続きを読む

作品情報

出版社
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格
掲載雑誌
レーベル名
シリーズ
電子版発売日 2014/10/31
紙の本発売日 2014/07/01 ( 2010年代 )
ページ数: P334
対応端末
  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ
  • ひかりTVブック BLレーベル『pirka2(ピリカピリカ)』新刊配信 期間限定1話無料 3/31まで

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
  • PayPayオンラインジャンボキャンペーン 3/28まで

作者の他作品

教育・学問・資格のランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間