ひかりTVブック ひかりTVの電子書籍サービス


  • OFF
  • ON
シークレットモード
イノベーションは技術進歩ではない クリステンセンが再発見したイノベーションの本質

イノベーションは技術進歩ではない クリステンセンが再発見したイノベーションの本質

作者: 楠木建

価格 550(税込)
獲得ぷららポイント 5 PT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

作品内容

いまやイノベーションは時代の合い言葉であり、その必要性が多くの企業で語られている。
しかし、その一方でイノベーションという概念に対するそもそもの誤解が蔓延している。

イノベーションは技術進歩ではない。
次々と市場化される新しい製品やサービスや技術。
こうした現象のほとんどは「進歩」であって、「イノベーション」ではない。

クレイトン M. クリステンセンが提唱した「破壊的イノベーション」という概念の最大の功績は、イノベーションの「古典的定義」に立ち戻りつつも、経営が置かれている今日的な文脈に注目してイノベーションの本質を再発見したことにある。
「新しい何か」という意味では共通しているものの、イノベーションと技術進歩は一面では正反対のベクトルであり、トレードオフの関係にあるとすらいえる。

筆者である一橋大学大学院教授の楠木建氏は、イノベーションと技術進歩の違いを理解したうえで、目の前にある日々の「技術進歩の競争」を安直に追いかけないことが重要だと指摘する。
腰を据えて本来の意味でのイノベーションを追求するのであれば、技術進歩に逃げてはいけない。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年6月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。+ 続きを読む

作品情報

  • カートに入れる

  • ほしい物リストへ

現在N巻まで配信中

表示切替 :

表示大 詳 細
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる
全巻カートに入れる 未購入巻全てカートに入れる

作者の他作品

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビューの関連作品

ビジネス・経済・ITのランキング

一覧 》
  • 週間
  • 月間