• OFF
  • ON
シークレットモード

おばさん事典
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

おばさん事典

通常価格 ¥1404(税込)
ぷららポイント 14PT
作者 小川有里
出版社 毎日新聞出版
電子版発売日 2014/09/19
ジャンル 小説・文芸 > エッセイ・ノンフィクション

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

おばさん事典の商品説明:

みんな、いつか「微女」になる

くびれを失い、
恥じらいを忘れ、
いつの間にやら性別不詳。

愛すべきおばさんの生態が詰まった100%実話・爆笑エッセイ。


おばさんとは?

女の一生で一番長いのは〈おばさん〉と呼ばれる時期だ。
蝶よ花よの娘時代も束の間。
皆、落ちこぼれることなく「おばさん組」に進級する。
ちなみに日本女性の平均寿命は八七歳で世界一。
「おばさん組」在籍期間は長いのだ。


嘆くことなかれ。
「おばさん組」に入ってみると、想像していたよりはるかに快適だ。なぜか?

何も誰もこわくない。
日々素直に本音でしゃべる。
繕わなくていい。
喜怒哀楽を顔に出せるから。

――実に息がしやすいのだ。

本書はそんなおばさんたちの本音、行動を
さまざまな角度から拾い上げた実例事典である。


おばさんは資源である

おばさんがこの世から消えたらどうなるでしょう。
夫に親に子どもに孫、頼り切ってはいませんか?
地域の役や係を引き受けなくなったら?
地域のコミュニケーションも清潔さも失われてしまうでしょう。
そう、おばさんは世の中の人的資源なのです。

おばさんは周囲にアテにされ、甘えられ続けているとたくましくならざるを得ない。
若い頃と同じ〈線の細い人〉では寄りかかられたとき倒れてしまう。
遠くまでよく通る声も、多めの脂肪も伊達じゃない。世のため、人のために尽くすおばさんにとって必要不可欠なものなのだ。と、私は思うことにしております。(「あとがき」より)


本書の効用

あなたがおばさんならうんうんとうなずいてくれるでしょう。
あなたが若い女性なら、おばさん的発想に魅せられ、早くおばさんになりたいわと憧れるかもしれません。
あなたがおじさんならおばさん妻の意外な本音に唸るかもしれません。
それぞれの年代で〈おばさん〉をたっぷり味わって楽しんでいただければ、
おばさん冥利に尽きます。(「まえがき」より)


〈もくじ〉

I 女ごころ
II お金用心 詐欺用心
III 妻の気持ち 母の気持ち
IV 介護と健康
V 品格探し
VI おつきあい

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2014/06/28
ページ数: P208
ISBN番号 9784620322674
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
おばさん事典へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ