• OFF
  • ON
シークレットモード

壁はきっと越えられる ― 夢をかなえる晩成力
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

壁はきっと越えられる ― 夢をかなえる晩成力

通常価格 ¥864(税込)
ぷららポイント 8PT
作者 鈴木明子
出版社 プレジデント社
電子版発売日 2014/08/29
ジャンル ビジネス・実用等 > ビジネス・経済・IT

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

壁はきっと越えられる ― 夢をかなえる晩成力の商品説明:

才能がなくても、遅咲きでも、勝てる方法はあります!
2度のオリンピックに出場した遅咲きのプロフィギュアスケーター、
鈴木明子が教える「夢をかなえる晩成力」。


──私が三回転、三回転の連続ジャンプを跳べるようになったのは26歳のときです。
この年齢で跳べるようになった女子選手は、おそらく世界でも私だけだと思います。(本文より)

「私はウサギじゃない、カメなんだ。でもカメは最後には勝つんだ……」
「カメだからこそ、二度もオリンピックの舞台に立つことができた」
「もし“カメなんて嫌だ。私はウサギになる”と、足が速くなる訓練ばかりしていたら、
きっと途中で息切れしていた」と語る著者。

誰も彼もこぞってウサギをめざしているように映るいまの社会。
けれども自分のペースでコツコツ進むカメがその特性を活かせば、ウサギにだって勝つことができる。

鈴木明子、競技引退後の今後の活躍をも予感させる本書は、
足が遅くて悩んでいる人が「早くなくてもいいんだ」と気づける、
そして前に進み続け、自分が目指す場所にたどり着くための方法がわかる1冊です。


【目次より】
◆第1章:遠回りという素晴らしい生き方
・早熟型と晩成型
・乗り越える喜びを知らない早熟型の不幸
・努力の習慣が身についていない早熟型は案外もろい
・自分は晩成型と認めるには勇気が要る
・誰にも遠回りとは言わせない

◆第2章:好きなことをやりましょう
・大事なのは才能より好きかどうか
・スケートがいちばん好きだった
・やってみなければ好きかどうかわからない
・やるときは全力で取り組む
・自分を知ろう
・ときにはアドバイスに耳を傾けてみる

◆第3章:壁はこうすれば越えられる
・練習は裏切らない
・必要な努力の量を見極めるのは難しい
・どこで可能性に見切りをつけるか
・環境を変えてみる
・目標には覚悟が必要
・トップ選手に共通な「素直さ」
・ときには戻ることも有効
・私のスランプ脱出法

◆第4章:本番で力を発揮するには
・練習で120点とれなければ本番で100点は無理
・絶好調は危険
・ミスを引きずらないコツ
・自分のためより他の誰かのためのほうが力が出る

◆第5章:私が尊敬する遅咲きの人たち
・圧倒的な存在感~市村正親さん
・真っ直ぐな人~葛西紀明さん
・少年の心をもった人たち~古澤巌さん、cobaさん、東儀秀樹さん

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2014/08/29
ページ数: P157
ISBN番号 9784833420990
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
壁はきっと越えられる ― 夢をかなえる晩成力へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ