• OFF
  • ON
シークレットモード

【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館

通常価格 ¥372(税込)
ぷららポイント 3PT
作者 国際芸術研究会
出版社 ゴマブックス
電子版発売日 2014/08/29
ジャンル ビジネス・実用等 > その他すべて

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館の商品説明:

ボストン美術館に所蔵された歴史的名作を写真と一緒にわかりやすく解説!

ボストン美術館が誇る名画の数々から、ミレー、ルノアール、モネ、マネ、ゴッホなどのヨーロッパを代表する絵画、そしてボストン美術館の特徴でもある北斎や歌麿など国宝級の日本絵画を厳選して紹介&解説!

目次

はじめに

◆ボストン美術館とは

1.「種をまく人」ジャン=フランソワ・ミレー
2.「馬鈴薯植え」ジャン=フランソワ・ミレー
3.「画家のハネムーン」フレデリック・レイトン
4.「吉報」アースキン・ニコル
5.「音楽のレッスン」エドゥアール・マネ
6.「腕組みしたバレーの踊り子」イレール・ジェルマン・エドガー・ドガ
7.「池畔に憩う人たち」ポール・セザンヌ
8.「卓上の果物と水差し」ポール・セザンヌ
9.「赤い肘掛け椅子のセザンヌ夫人」ポール・セザンヌ
10.「ベレー帽の自画像」ポール・セザンヌ
11.「鵞鳥に餌をやる子ども」ジュリアン・デュプレ
12.「パリの女たち―サーカス愛好家」ジェームズ・ティソ
13.「庭のカミーユ・モネと子ども」クロード・モネ
14.「睡蓮」クロード・モネ
15.「ブージヴァルの踊り」ピエール=オーギュスト・ルノアール
16.「アルジェリアの娘」ピエール=オーギュスト・ルノアール
17.「ドミノ遊びをするガブリエルとココ」ピエール=オーギュスト・ルノアール
18.「野原で花を摘む娘たち」ピエール=オーギュスト・ルノアール
19.「オーヴェールの家々」ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
20.「機織りをする人」ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
21.「柳下美人図」鳥居清長
22.「花魁と禿」葛飾北斎
23.「寛政三美人」喜多川歌麿

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
【絶対に行きたい、世界の美術館、博物館】ボストン美術館へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ