• OFF
  • ON
シークレットモード

さらば東京裁判史観 何が日本人の歴史観を歪めたのか
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

さらば東京裁判史観 何が日本人の歴史観を歪めたのか

通常価格 ¥500(税込)
ぷららポイント 5PT
作者 小堀桂一郎
出版社 PHP研究所
電子版発売日 2014/08/15
ジャンル ビジネス・実用等 > 教育・学問・資格

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

さらば東京裁判史観 何が日本人の歴史観を歪めたのかの商品説明:

『新しい歴史教科書』問題が、かまびすしい。なぜ、韓国や中国はあんなに危険思想視するのか。小泉首相の「靖国参拝」問題に関しても、なんであれほど明白な内政干渉ができるのか。ましてや、そのような外国の理不尽な物言いに賛同して大騒ぎしている日本人の一部の精神構造はどうなってしまっているのだろうか。本書は、そのような疑問に真摯に、そして明確に答える、国民必読の評論である。大東亜戦争に敗北し、降伏した日本は、勝者である連合国の暴力的なマインド・コントロールによって、「自らの歴史に対する誇り」を傷つけられ、その痛手からいまだに回復できないでいる。この連合国のやり口とはいかなるものであったのか。そしてそれが現代日本人の精神構造にどんな影響をおよぼしているのか。著者は、つねにその検証を続けてきた。その成果として、確かに言えること、言わねばならぬことを、あらためて訴える。

レーベル名 PHP文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2001/08/01
ページ数: P256
ISBN番号 9784569576022
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
さらば東京裁判史観 何が日本人の歴史観を歪めたのかへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ