• OFF
  • ON
シークレットモード

タスマニア「般若心経」思索紀行――人間、いかに生きれば美しいか
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

タスマニア「般若心経」思索紀行――人間、いかに生きれば美しいか

通常価格 ¥648(税込)
ぷららポイント 6PT
作者 永淵閑
出版社 知玄舎
電子版発売日 2014/08/15
ジャンル 小説・文芸 > 文芸小説

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

タスマニア「般若心経」思索紀行――人間、いかに生きれば美しいかの商品説明:

世界の魁として人格進化するニホンジン、20~60代3人の男たちがタスマニアへのキャラバンパーク旅行で語り抜く世界観、人生観を、「般若心経」解釈を中心に描いた小説。ニホンジンは、あの東日本大震災以降、海外の人たちから、「人間、いかに生きれば美しいか」というところに焦点を絞られて、評価がなされているのではないだろうか。ニホンジンの評価は、政治力や経済力や軍事力ではなく、ニホンジンそのものの生き方が観られている、という時代に入ったのではないだろうか。そんなニホンジンが、どのような生き方、考え方、をしているのか、いま、世界中の心ある人たちが注目している。本書では、20代から60代までの3人の男たちが車に乗り、シドニーから、キャラバンパークでのテント生活をしながら、タスマニアへ出かけた。そして、旅の間、日本人とは何ぞや、について話し合い、また、般若心経について新たな解釈を試み、思索を続けた。旅は思索する時間であり、哲学する時間である。旅は、汚れた魂を磨く時間でもある。各章で話し合っている内容は、人格進化を続けている読者の方の意識変革を、さらにうながすだろう。いま、日本をリードしている、真摯な生き方を続けている、方々にとっては必読書であり、豊かな精神の糧となるだろう。思索する3人の男たちと共に、さあ、タスマニアへ旅立とう。

レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日
ページ数:  
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
タスマニア「般若心経」思索紀行――人間、いかに生きれば美しいかへのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ